ジョモタンの口コミ評価まとめ|話題の脱毛クリームの評判は?除毛効果は?

1.ムダ毛を処理したい時の方法

これからの季節、特にムダ毛を処理したくなる場面も多くなると思います。そんな時、当たり前にカミソリを使っている方もいれば、当たり前にエステなど通っている方もいると思います。


ムダ毛処理といえば下記のように実はいくつか選択肢があります。


 ・除毛クリーム
 ・抑毛ローション
 ・毛抜き
 ・カミソリ
 ・エステ


こうしたいくつかのムダ毛処理の方法にはそれぞれメリット、デメリットがありますが、今回は、私が最近「時短」にもなって、コスト的にも便利と思っている「除毛クリーム」についてまとめていきたいと思います。



2.そもそもムダ毛とは?

さて、わたしの最近のお気に入りの「除毛クリーム」の話題には欠かせないムダ毛について今一度みなおしてみましょう。


ムダ毛って、わき毛、すね毛、腕毛、背中毛、VIOゾーンの毛・・・などなど無駄ではないのですが、できればないほうがいいという毛が私たちのあらゆるところに生えてきます。


おかげで、「わき毛が濃くてピンセットで抜くということにチャレンジしたけど上手くできない」とか、「最近わき毛がシャツからはみ出してこまる」とか、「腕毛がきになってしょうがないけどカミソリも怖い」などなど、とにかくいろいろな悩みも絶えません。


そんな私たちを悩ますわき毛や腕毛といった毛というのは、たんぱく質でできています。


私が最近、気に入っている除毛クリームはこの「毛がたんぱく質からできている」ということに注目して、たんぱく質を溶かすことで、きれいに除毛してくれるクリームとなっています。


たんぱく質を溶かすわけですからヒトの肌に一定の負担を与えるとおもわれますが、私の使っている除毛クリームなどでは、肌に優しい成分などが配合されていることと、低刺激商品となっているものを選んでいるので、とくに問題はありません。

3.ムダ毛処理で気になること

さて、ムダ毛で気になることといえば、「ムダ毛処理というと一回目はいいけどそのあと濃いムダ毛が生えてくるのでは?」という心配があります。ですが、除毛クリームであれば心配はありません。


除毛クリームの場合、ムダ毛の根本の毛をはやす部分まで影響していることはなく、表面上の肌に出ている部分の毛のみを多くの場合、「チオグリコール酸カルシウム」という成分で溶かして除毛するので、全く肌の下には影響しません。


なので、毛が次から太くなるというようなことはなく、あくまでもそうした感じをうけるのは、つるつるになった肌から、あらたに伸びてきた毛が、あたかも太くなったように感じるのだと思われます。


除毛クリームの場合、カミソリで剃る場合と違って、肌を削るということがない点は魅力的です。なので、カミソリ負けしやすい肌の人には安心です。


また、カミソリで剃った場合は処理後の毛先が、鋭くとがるためチクチクするのですが、除毛剤で処理した場合、毛先が丸いのでチクチクすることはありません。


4.除毛クリームのデメリット

さて、除毛クリームはチクチクもしないし、さっと5分から10分程度で処理できるので、いいことづくめのように思えますが、実はメリットばかりではありません。


デメリットもいくつかあります。それは


・これは永久脱毛ではないという点です。
・たんぱく質をとかしてしまうので肌にもある程度の影響がある
・独特の匂い


といったところです。ひとつめの「永久脱毛ではない」という点は、毛をはやす部分に何らかの作用をするわけではなく、あくまでも肌の表面に出ている部分に作用するだけなので、また、毛が肌の下から生えてきたら処理をしなければならないのです。


皮膚の下の組織などを破壊するわけではない点は、からだのためにメリットともいえるのですが、そのために、定期的に、処理はしなければならない点が、除毛クリームのデメリットといえば、デメリットです。


ふたつめのデメリットである、「たんぱく質をとかす」という点は、やはり肌の弱い人であれば気になるところではあります。


これは除毛クリームには肌の保湿成分などが配合されているので、たいていの人にとっては気になる程度のこともおきないのですが、個人差もありますので、こればかりはお試ししてみて、あかみやかゆみが出る場合は使用をやめるという判断がいいのだと思います。


最後のデメリットの3つめの匂いの点ですが、これについては最近では別の香りをつけることであまり気にならない程度にはなってきています。




5.除毛クリームを選ぶ場合のポイント

さて、つぎは除毛クリームをえらぶ場合のポイントをみていきましょう。

除毛クリームは夏だけ除毛したいなどという人や、毛が濃いので頻繁に除毛したいという人など一時的に使用したいひとや、いつもムダ毛処理に困っているような方におすすめです。


なぜなら、除毛クリームは特にエステなどに行く必要もなくお風呂で使用すればそれこそ、5分〜10分ですべて処理まで終わってしまうからです。


さて、そんな便利な除毛剤を選ぶにあたってポイントを述べておきましょう。


ポイントは
・除毛力
・肌への使用感
・コスト

この3つです。なぜこのポイントが重要なのかというと

・クリームのように塗って数分まてば、ツルツルになる点
・カミソリをつかうとカミソリ負けをするがそう言った心配がない
・エステのように人にやってもらうとやはり高くつく


といった点からです。





6.除毛クリームの仕組み

さて、除毛クリームの仕組みですが、基本的にはチオグリコール酸カルシウムとよばれる厚生労働省の認可がおりている毛を分解する成分を配合しているので、この成分により毛をごっそり取り除きます。


除毛クリームは表面の毛を分解するので、除毛直後に毛が生えてチクチクということもありません。なぜなら、カミソリのように、毛を途中でカットするわけではなくあくまでも、チオグリコール酸カルシウムのちからで、ムダ毛を分解するからです。


ムダ毛は、分解することで処理されるので毛先もカミソリで剃った場合のように鋭くとがることもありません。なので、チクチクすることがないのです。



7.除毛クリームで重要なのはその除毛力と使用感。

除毛クリームで重要なのは、その除毛力です。

 ・通常は腕、脚、ワキといったところ用であって、顔やVI0(デリケートゾーン)には使用不可。
 ・メンズ用という少し強力なタイプもある。
 ・毛の太さも一様ではなく、ワキのほうが足などよりも太いのでそれなりの除毛力が必要
 ・ただし、除毛力高い=肌への影響力も高い ので、注意が必要。
  注意が必要というのは、どこかお肌の一部でお試ししてみるのがおすすめ


あとは、除毛クリームとして重要なのは、肌への使用感となります。

この肌への使用感で重要なのは、
 ・保湿力
 ・肌に優しい成分の配合の有無
 ・低刺激
といったところです。




8.除毛力で考えておきたいコストとは?

除毛コストで重要なのは、時間とお金です。
 ・時間は、その除毛にかかる手間です。基本的にはある程度除毛クリームであれば、どれを使用しても「塗って5分〜10分放置してふき取る」もしくは「洗い流す」という手順なので、それほど時間コストはかわりありません。
 ・一方でお金は、多少かわるので注意が必要です。除毛はあくまでも一時的なので定期的に処理し続ける必要があり  ます。なので、定期コースなどある商品などのほうが、単品で購入するよりもお得に購入できることが多いです。

  ちなみに、定期コースであれば全額返金保証制度や初回はかなりお得に購入できるコースがけっこうあるので、そ  ういったお得なコースではじめてみるのがおすすめです。初回試してみて、肌にあわなければ解約できるコースも  けっこうあるので、そういったコースが安心です。



9.知っておきたい除毛クリームの匂い

意外に除毛クリームをはじめて使う人がわからないのが、その特有の匂い。


ツンとした特有の匂いがあるので、わたしは匂いの調整をしてくれているタイプの除毛クリームが好きです。


なにせ、塗ってから5分から10分は放置しなければならないので、その間鼻を刺激するような匂いだときついものがあります。なので、香りは忘れがちですが、注目したほうがいいポイントです。


10.最後に除毛クリームの主な成分

除毛クリームの主な成分とはどんなものなのでしょうか?

主な除毛クリームの成分はたいてい「チオグリコール酸カルシウム」です。しっかりとクリームを塗りこむことで、「チオグリコール酸カルシウム」が毛穴の中に入り込んで根本からムダ毛を取り除きます。

この除毛用の成分に加えて配合されているのが保湿用の成分です。除毛剤がそれなりに刺激はありますので、この保湿用成分が自分にあったものをえらぶことが、一番重要です。いろいろお試ししてみましょう!

 

サイトマップ